電話番号0848-22-2882 初診のご予約・ご相談もお気軽にお電話ください

広島県尾道市西則末町8-20

診療時間 月~金 9:00~12:30 14:30~18:30 土 9:00~12:30 14:00~17:30
無料駐車場30台完備

広島県尾道市の河上歯科医院|予防歯科,小児歯科,矯正歯科,インプラント,歯周病など幅広く対応

小児歯科


 
初診予約についてはこちら

 
症例集
保険で白い歯
料金表
小児歯科についてはこちら
 
河上歯科医院BLOG
河上歯科医院監修 インプラント 歯周病 歯牙移植 専門サイト CLICK
 
河上歯科医院監修 審美歯科 専門サイト CLICK
 
河上歯科医院監修 小児歯科 専門サイト CLICK
 
EPARK歯科

左のQRコードを携帯電話から読取ってご覧下さい。

児歯科について

小児歯科ではお子様のむし歯・歯周病予防、むし歯治療、歯並びの治療などを行ないます。むし歯と歯周病の予防を行ないながら、噛む機能の発達、歯並びの不正、指しゃぶりなどの癖、食生活の問題点などをチェックし、よりよい生活習慣を作り、生涯にわたってのお口の健康を目指しています。お子様の成長に合せて、適切な処置を施し、正しい成長を促すのが「小児歯科」であり、大人になったときのことまで考え、健全な永久歯の育成へとつながる手助けをします。概ね最後の永久歯が萌えて3年間、16歳から17歳までを管理します。
具体的には次のようなことを行なっています。

その1 むし歯の予防
自宅で出来るむし歯予防法をお教えしたり、歯科医院でむし歯予防(シーラント、フッ素塗布など)を行ないます
その2 むし歯の早期発見、早期治療
定期検診を行なうことで、むし歯が小さいうちに発見することが出来ます。初期のむし歯であればあまり削らず治療が簡単に終わります
その3 正常な永久歯の歯並びへの予測・観察・治療
正常に永久歯が萌え変わるよう、乳歯を適切に管理し、必要に応じて歯列の育成のアドバイスを行ないます

し歯とは?

むし歯菌になる4つの要素 むし歯とは、細菌(ミュータンス関連球菌群)が出す酸によって歯(エナメル質や象牙質)が溶かされる病気です。むし歯になるには4つの要素があり、一つの原因だけでなるということではなく、いろいろな原因が重なり合ってむし歯になります。
この4つの要素は

【1】細菌(ミュータンス関連球菌群)+【2】食事(糖質)+【3】歯質(抵抗力)+【4】時間(食習慣等)

です。つまり、細菌が増える時間が長く、ショ糖類が口の中に長時間とどまり、弱い歯に接している時間が長いほど、むし歯が発生しやすく、進行することになります。
また、この4要素のうち、最もむし歯になる因子が強いのは、ショ糖でありこのショ糖をいかにコントロールするかということが、むし歯の抑制・予防に大事なのです。そのため、フッ素の利用や定期的な来院による歯のお掃除が必要なのです。

0歳から3歳まで

生後6ヶ月を過ぎると、乳歯が生えはじめます。このときから、歯磨きが必要になります。最初は前歯しか生えていないのでガーゼ等でふく程度でも大丈夫ですが、授乳をしたまま寝かせないことがポイントです。
歯磨きが、自分でもある程度できるようになっても、8歳から9歳くらいまではうまく磨けないので、仕上げ磨きが必要です

歯が生え始めたごろ

6~8ヶ月です

スキンシップの一環として、口のまわりを触られるのに慣れさせていきます。
下の前歯が生えてきたら、ガーゼで磨きましょう。

1歳6ヶ月ごろ

1歳6ヶ月になると、上下の前歯12本と奥歯4本の乳歯が生えてきます。
また保健所での1歳6ヶ月検診があります。
このとき心身の発達をチェックしますが、歯についても、生えている歯の数と種類、むし歯や汚れの状態、噛み合わせの状態をチェックします。
この時点でむし歯をもっているお子様は少ないのですが、3歳児になると、むし歯がとても増えています。
この間に特に気をつけてほしいのは、次のような点です。

食生活の注意

甘いお菓子やジュース、清涼飲料水などを、ダラダラと摂らないようにしましょう。
※できるだけ薄い味で育てましょう。成人と味覚が違うので成人の味はとても強く濃く感じます。

歯科医院での検診と相談

むし歯がないうちに、歯科医で検診を受け、食生活の改善や正しい歯磨きの指導を受けてください。
そのほかにも心配なことがあれば、いろいろ相談にのってくれます。
この時期の注意が、将来むし歯になりにくい歯をつくるのです。

3歳から6歳まで

2歳6ヶ月ごろ

そろそろ上下の歯が20本揃います。
お子様自身にも歯ブラシで磨く練習をさせ、歯磨きを習慣づけましょう。
ただし、最後は大人が仕上げ磨きをしてあげましょう。
ご家族の磨く姿も見せてあげてください。

むし歯をつくらないためには

おやつのはなし

おやつは甘い物になりがちですが、その回数が多くなれば、むし歯のリスクも高くなってしまいます。
一度お子様のおやつを見直してみてください。

むし歯になりにくいおやつの食べ方

食べ物を口に入れると、歯垢の中は酸性に傾き、この結果、歯が溶けて(=脱灰)きますが、一方で、唾液の力で再石灰化していきます。このようにお口のなかでは一日中、脱灰と再石灰化を繰り返しています。このバランスが崩れ、歯が溶ける量が多くなるとむし歯となります。(下の図はそのことを現した略図です)

図/日常の口腔内の変化

口の中に食べ物が入り、歯垢phが酸性になっても、30分ぐらい経つと戻ってきます。しかし、その間にまた食べてしまうと、ながい間口の中の歯垢phが低いままとなり、脱灰が進んでいく、つまりむし歯が発生しやすくなるのです。ダラダラとおやつをたべているとむし歯になりやすくなるのは、そのためです。決められた時間に決められた量のおやつを摂ることを心掛けて、むし歯を予防しましょう。

飲み物とむし歯
スポーツドリンク
スポーツドリンクは糖分が多く、酸度が低いので、頻繁に飲んでいるとむし歯になってしまいます。お子様が体調を崩して、脱水があった場合に飲ませるようにし、普段は水やお茶で水分を補ってください。
卒乳
卒乳は1歳から1歳半くらいを目処に行ないましょう。母乳そのものはむし歯の直接原因ではありませんが、離乳食などを食べ始め、歯に汚れが溜まった状態で母乳を飲んでいるとむし歯のリスクがとても高くなります。

3歳ごろ

3歳児検診があります。
歯の検診では、20本の乳歯が生え揃い、噛み合わせが正常か、むし歯になりやすいかなどをチェックします。
3歳児のむし歯の状況をみると、これから先の歯の状況を予測することができます。そうした意味でも、改めて歯の健康や育児の方法を見直すよい機会になります。

歯と育児を見直す ・食事の内容と摂り方は適切か ・歯の磨き方は正しいか ・おやつの飲み物の選び方、与え方は適切か ・規則正しい生活習慣が身についているか ・親と子の関係はうまくいっているか

ポイントを押さえた仕上げ磨きを!

より仕上げ磨きの効果を高めるために、以下のポイントを押さえて行ないましょう。

Point1 お子様は横にした状態で
お子様を上向きに寝かせ、ひざに頭を乗せて安定させ、のぞき込むよう磨きましょう。
Point2 よく見ましょう
磨く歯をよく見ましょう。歯ブラシが歯ぐきに強く当ると、お子様が歯磨きを嫌がる原因になります。左手の指を使って、ほっぺたを引っ張ると、お口の中がよく見えます。
Point3 磨くポイントを押さえて
お子様の場合、年齢によって特にむし歯になりやすい場所というものがあります。その年齢でどこがむし歯になりやすいかを知っていると、より効果的にむし歯を予防できます。
Point4 細かく動かす
歯ブラシを持つときはペンを持つように軽く握り、細かく動かして磨きます。
Point5 しっかりほめましょう
歯磨きの後は、お子様をしっかりほめ、楽しい雰囲気で歯磨きをしましょう。

当院では、毎回歯磨き指導を行なっていきますので(人によります)、うまく磨けるようになると思います。

初めて永久歯の生える6歳

6歳ごろになると、乳歯の奥歯のさらに奥に最初の永久歯が生えてきます。
この歯の名前は、第一大臼歯で、一番大きく噛む力が最も強い大切な歯です。また6歳ごろに生えるので「6歳臼歯」とも呼ばれています。

6歳臼歯のむし歯の90%は、生えてから1年以内にむし歯になってしまう事実があります。
この時期には、シーラントというCO(要観察歯)の歯に行なう予防処置が保険でできます。

COの要観察歯

シーラント処置済

6歳臼歯は、最も大切な歯ですが、むし歯になりやすい歯です。それは、次のような理由があるからです。

  • 奥に生えてくるので、最初は気がつきにくい
  • 歯の噛み合わせの面の溝が深く、汚れがたまりやすい
  • 奥に生えるので歯磨きしにくい
  • 生えたての歯は、歯質が未熟なためにむし歯になりやすい

むし歯は多いけどしっかり管理されています。6歳臼歯が出て来ました。永久歯への予防のスタートです。

6歳臼歯のむし歯は、歯の横の溝や、歯と歯の間にできるので、穴があいていることが分からず、歯科検診でもレントゲン写真でも見つからないことが多くあります。痛みが出てから治療すると、根が完全に出ていない時期に神経を取る治療が必要になることが多く、20歳くらいで再治療が必要となり、統計的に早期に喪失する原因となってしまいます。

PageTop