電話番号0848-22-2882 初診のご予約・ご相談もお気軽にお電話ください

広島県尾道市西則末町8-20

診療時間 月~金 9:00~12:30 14:30~18:30 土 9:00~12:30 14:00~17:30
無料駐車場30台完備

広島県尾道市の河上歯科医院|予防歯科,小児歯科,矯正歯科,インプラント,歯周病など幅広く対応

口腔外科


 
初診ネット予約についてはこちら

 
症例集
保険で白い歯
料金表
小児歯科についてはこちら
 
河上歯科医院BLOG
河上歯科医院監修 インプラント 歯周病 歯牙移植 専門サイト CLICK
 
河上歯科医院監修 審美歯科 専門サイト CLICK
 
河上歯科医院監修 小児歯科 専門サイト CLICK
 
EPARK歯科

左のQRコードを携帯電話から読取ってご覧下さい。

腔外科

口腔(こうくう:口のなか)、顎(がく:あご)、顔面ならびにその周りの組織に先天性(生まれつき)および後天性(生まれた後)の疾患を扱う診療科です。
この領域には歯が原因となるものから、癌までさまざまな疾患が発生します。また、交通事故やスポーツなどの外傷、顎変形症ならびに唾液腺疾患(口の中に唾液を出す入口や入口の中に病気が出来る)などの外科的疾患のほかにも、口腔粘膜疾患(頬、舌、歯ぐきの異常)、神経性疾患、口臭症などの内科的疾患も含まれます。

親知らず

親知らずは個人差がありますが、20歳前後で生えてくる永久歯です。昔の日本人の寿命が短く、親知らずが生えてくるころには親はすでに亡くなっている、というのが名前の由来だと言われています。昔から親知らずは必要のない歯とされてきて、痛みや隣の奥歯に悪影響を与えるのならば抜いてしまうのが一番とされてきましたが、現在では、親知らずを将来的に有効活用するために温存するという考え方もあります。例えば他の奥歯がダメになったときに移植する、ブリッジを入れる際の土台にする、などです。ですから親知らずは、無理して抜くものではない、ましてや悪さをしていないのなら抜く必要はないというのが当院の考えです。
ただ「奥歯が痛い」ということで診察にこられる方で、痛みの原因が「親知らず」であることが多いのが現実です。

・抜いたほうがよい「親知らず」とは
むし歯になってしまった場合と生え方がよろしくない2つの場合があります。

  • むし歯になった場合
  • 生え方が悪い場合

具体的には

  • 手前の歯と同じ様に生えてきているが、歯磨きが上手にできない。
  • 中途半端に生えていて、歯の一部だけが見えている。
  • 横向きに生えてきている。
  • 骨の中に完全に埋まっているがレントゲン写真上問題がある。
  • 歯並びを悪くする恐れがある。

抜歯しなくても良い親知らず

  • 手前の歯と同じように生えてきていて、歯磨きも特に問題なくできる場合
  • 骨の中に完全に埋まっていて、レントゲン写真上問題が無い場合
  • その他、特に悪影響を及ぼすことがないと判断された場合

歯原性粘液腫

歯原性粘液腫(しげんせいねんえきしゅ)とは、粘液腫組織からなる腫瘍で、顎骨内部に生じるものです。
局所的侵襲性に骨梁間に侵入増殖する傾向を示し、完全に除去することが困難で再発は稀ではありません。
顎骨の粘液腫は、歯源性上皮を含むことがあることからほとんどが歯源性起源のものと推測されます。
10~50代に発生し、わずかに女性好発する傾向があり、下顎臼歯部に起こりやすい。
エックス線像では、細技状の不透過像を呈します。

口腔ガン

口のなか全体を口腔といい、ここにできるガンを口腔ガンといいます。舌ガン、舌と歯ぐきの間にできる口腔底ガン、歯肉ガン、頬粘膜ガン、上あごにできる硬口蓋ガン、口唇ガンがあります。歯肉ガンは上顎にできる上歯肉ガンと下顎にできる下歯肉ガンがあります。
日本では口唇ガンは少なく、口腔ガンの大部分が舌ガンで、口腔底ガン、歯肉ガンの順で多く見られます。
他のガンとは違い「口腔ガン」は、口の中にできるもので自分でも簡単に見ることができます。従って、初期の段階で発見することも可能です。月に1回は鏡の前でセルフチェックをして早期発見を心がけましょう。

・セルフチェック項目
口腔内の定期的なチェックと共に、日ごろから気を付けたいのが次のような症状や状態です。1つでもある人はすぐに歯科医を受診しましょう。

  • なかなか治らない「はれ」や「しこり」はないですか。
  • 粘膜が「赤く」なったり「白く」なったりしているところはないですか。
  • 治りにくい口内炎はありませんか。
  • 合わない入れ歯を無理して使っていて違和感がありませんか。
  • 食べ物が飲み込みにくくなったなどはないですか。
    歯科医院に来院した患者様の命を守る技術があります。(ベルスコープVX
    毎日何十人もの大切な命が口腔ガンにより亡くなっています。
    ベルスコープVX

ベルスコープVXは口腔内の異変を発見するために最も強力なツールです。
ベルスコープ独自の青色スペクトラムとは口腔内軟組織の自然な蛍光発光に反応します。健康な組織には特定な蛍光発光パターンがあります。病気や傷などがあるとこのパターンは見た目で判断できるほどに変化します。ベルスコープを使うことで、肉眼による目視では見逃しがちな変化などに対応した幅広い口腔内の異変が発見できます。
軟組織の異変を発見することは口腔ガンに対処する上でとても重要です。ベルスコープの使用による早期の検査は生命を救うだけでなく、大手術に至る前での効果的な治療を可能とするのです。
何百万例もの検査により、優れた実績が証明された技術です。
(FDA認可、米国生命保険会社推奨技術)

PageTop