電話番号0848-22-2882 初診のご予約・ご相談もお気軽にお電話ください

広島県尾道市西則末町8-20

診療時間 月~金 9:00~12:30 14:30~18:30 土 9:00~12:30 14:00~17:30
無料駐車場30台完備

広島県尾道市の河上歯科医院|予防歯科,小児歯科,矯正歯科,インプラント,歯周病など幅広く対応

歯周病


 
初診ネット予約についてはこちら

 
症例集
保険で白い歯
料金表
小児歯科についてはこちら
 
河上歯科医院BLOG
河上歯科医院監修 インプラント 歯周病 歯牙移植 専門サイト CLICK
 
河上歯科医院監修 審美歯科 専門サイト CLICK
 
河上歯科医院監修 小児歯科 専門サイト CLICK
 
EPARK歯科

左のQRコードを携帯電話から読取ってご覧下さい。

周病

歯周病のシグナル ・深いポケット ・歯肉の腫れ ・あごの骨が溶けるなどの症状

歯周病の大部分はプラークを主原因とする慢性持続性感染症疾患であり、歯周組織(歯の周りを支える組織)に起こる病気です。
歯の周りに付着したプラーク(歯垢)が、歯と歯肉の隙間に入り込み、歯を支えている骨を溶かしてしまうのです。プラークには、非常に多くのバクテリアが含まれていて、そのバクテリアの出す毒素が歯肉に炎症を起こし、歯を支えている骨を溶かしてしまいます。
もっとわかりやすく説明すると、歯と歯肉の境目についた歯垢から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊します。すると歯肉から出血し、歯がグラグラしてきます。

歯周病は、悪化すると心臓病や糖尿病などの全身疾患にも悪影響を与える、非常に恐い病気です。歯周病の進行段階は、大きく分けて「歯肉炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎」という四段階に分けられます。

軽度歯周炎

中程度歯周炎

重度歯周炎

歯周病と全身疾患について

細菌は、普段から口の中に存在しますが、口の中の汚れによって数が増加するので、常に清潔にしておくことが重要です。体調によっても増減が見られるようです。
また、歯肉や歯根の先の炎症が原因で、心臓や腎臓など身体の他の部分に病気が現れる可能性もあります。歯や歯肉の慢性炎症は、怖い病気なので、慢性化する前に根本的に治療しておくことが大切です。

治療ができないほど悪化した場合は、残念ですが歯を抜くことになります。
歯肉炎、歯周炎は、軽度であれば、ブラッシング時の出血や染み程度で、痛みがほとんどないため、自覚症状がなく特に気づきにくい病気です。

歯周病のリスクファクターと全身疾患、全身状態との関わり

歯・口は消化器官の一部として身体全体とつながっているため、口腔に発症した病気が全身に、また、全身の病気や状態が歯・歯周組織に影響するなど、歯周病と全身疾患とは双方向に関連し、影響する可能性が高いといえます。

歯周病のリスクファクター(細菌因子、宿主因子、環境因子)

細菌因子(歯周病原細菌)、宿主因子(免疫応答、炎症反応、年齢、性別、全身疾患、遺伝因子)、環境因子(喫煙、ストレス、食生活・栄養、薬物)、発症のリスクが最も高い

歯周病と全身状態の関係は、「歯周病が全身疾患を引き起こす要因となっている場合」と、それとは逆に「全身疾患に罹患することで歯周病を悪化させる」という二つの方向性があることが、多くの研究で明らかにされつつあります。
たとえば、全身状態を改善することが、歯周病の改善につながる例としては「糖尿病の治療」や「禁煙」が挙げられます。
一方、歯周病に罹患することが全身の健康状態に影響するとされているのは、糖尿病、心血管系疾患、呼吸器系疾患や早産・低体重児出産などが挙げられています。
その他の要因についても、さまざまな研究が進み、歯周病と全身疾患の相関性について次第に明らかにされつつあります。

歯周病が全身に及ぼす影響

歯周病、心臓、肺、胎児

最近になってプラークの病原性細菌は口の中で悪さを働くばかりでなく、増えてくると唾液や血液の中に入りこんで体のあちこちに飛び火し、全身に深刻な影響を及ぼしかねないことがわかってきました。
高齢者に多い嚥下性肺炎、敗血症、心内膜炎、早産、低体重児出産などとの関連性が指摘されています。

歯磨きがとても大切です


きれいな歯面と健康な歯肉の状態

歯磨きの方法が悪ければ、どれだけ一生懸命磨いても良い結果は出ません。
歯磨きをいつまで続けていても、歯周病の進行を食い止めるという良い結果は訪れないのです。

歯磨きをすることにより歯茎の炎症が減少します。
正しく歯磨きをすることにより、歯茎の中の歯石が見えて、歯石除去が効果的に行えるようになります。

歯周病は生活習慣病です


喫煙のよるメラニン色素沈着

歯周病でもう一つ大切なことは、歯周病が「生活習慣病」だということです。
生活習慣病は、食習慣や喫煙など、毎日の不適切な生活習慣の積み重ねによって起こってくる病気です。糖尿病、高血圧症、肥満症、ある種のガンなどはよく知られていますが、実は歯周病も生活習慣病の一つなのです。
特に喫煙による影響は非常に大きな危険因子となります。そのため、歯周病の予防、治療にはプラークの除去と同じくらい生活習慣の改善が大切となります。

※メラニン色素は、レーザーで簡単に除去できます(保険外)。

歯周病は、痛みが無く進行します

「痛くなったら歯医者さんに行くもの」と思う方が多いようですが、歯周病は痛みがほとんど出ないまま進行するため、「むし歯になって久しぶりに歯医者さんに行ってみたら歯周病が進行していた」ということがあります。
歯周病は痛みがないので、自覚がありません。自覚症状がない歯周病を予防していくためにも、1~3ヶ月に1度の定期的なメインテナンスが欠かせません。
中には、定期的なメインテナンスの結果、清潔なお口の状態を手に入れた方々もおられます。

周病への取り組み

その1 初期、中等度までに受診すること
その2 喫煙しないこと
その3 適切な歯周病治療と定期的なメインテナンスを受けること

中等度、重度に進行しないと、「噛み締めると痛い」「歯肉が腫れる」などのはっきりとした自覚症状が出ないため、手遅れとなってしまい、治療が困難になってしまいます。しかし諦めず、歯石除去などの適切な処置と以後のメインテナンスに通ってください。
実際、歯を支えている顎の骨が半分以上吸収され、手術不可能歯だった歯が、ぐらつかずしっかり噛める歯として生き返った症例があります。
抜歯という最終手段を必要とする方も多数おられますが、各種レーザーの利用や顎の骨を再生させる治療(保険外)もあります。また、加齢による免疫力の低下と、食習慣、20年前よりは歯周病治療が盛んに行われる現在、多数残っている歯のために

1.噛み合せによる顎の痛み(顎関節症を引き起こす)
2.噛み合せによる歯の亀裂やすり減り(噛み合せ面のすり減り、歯のきわのすリ減り)

を生じてしまう例もあります。

  症例 A 症例 B 症例 C
治療前
治療後

症例A、Bは歯磨き(プラークコントロール)と歯石除去とメインテナンスで獲得される。
症例Cは重度歯周病のため基本治療後、部分的外科治療を行い、つないだ冠で治療した場合となります。

ブラキシズムについて

ブラキシズムの力、骨が吸収してくる。グラグラ、さらに骨が吸収する

ブラキシズムは歯に非常に強い力を加えるため、徐々に歯を支える骨が吸収し、歯が揺れてきます。歯周病のある方にブラキシズムが合併すると、さらに重度の歯周炎へと進行しやすくなります。

ブラキシズムは歯に様々な影響を及ぼします。

奥歯の噛む面の異常なすり減り、象牙質の露出。奥の根元のくさび状のくぼみ。犬歯・小臼歯の極端なすり減り。詰め物や、被せ物の脱離。

周病の治療方法

歯周病治療は現在、大きく進化しております。
平成8年以降、むし歯治療と同日に歯周基本治療(縁上歯石と縁下歯石の除去までをいう)を行うことが可能となり、お口の健康を維持するためのメインテナンスも決め事は歯周病中等度に限りというものですが、もちろん重度も軽度も少し違った型式のメインテナンスは保険でお受け頂けます。河上歯科ではメインテナンスに入られた方は衛生士を担当制にしており、長くお口の健康を共に維持していくため様々な指導や、気持ちよく歯のきわの汚れが10分程度ですっきりきれいになるエアーフローという器機を使用し、さらに以前は自由診療でしか行えなかったPMTCという専用の器具を使って歯を1本づつクリーニングしていく術式もお受け頂けます。

歯周病の基本治療にプラスすると改善しやすい症状がある場合

侵襲性の歯周炎(毒性の強い歯周病菌を原因菌とする感染症)を除く歯周病の基本治療(歯石除去と適切な歯磨き)、歯周外科治療は基より、噛み合わせによる歯並びや強い咬合力を原因とすることが多く、この場合は矯正治療により歯を正しい位置に動かしていくことで、骨を再生させ、歯を永く機能させることができます。

  • 中等度歯周病

  • 歯周外科処置終了

  • 矯正装置による咬合の改善

  • 計画的継続治療中

~スプリントを装着して寝ることで、ブラキシズムから歯や歯周組織を守ります~
  • スプリント

  • スプリントを装着した様子

当院では最先端歯周病無痛治療として、光力学療法を導入しました

光力学治療とは

悪玉バクテリアが無くなると、いつも健康な歯肉になり口臭もなくなります。

1.治療部位に繁殖する有害なバクテリア。2.治療部位にBiogelを注入すると、有害なバクテリアにジェルの分子が付着。3.照射された非熱光によって化学反応したジェルが活性酸素を生成。4.悪性な病原菌を根絶。

最新治療のため自費診療となります。

世界中で話題の最新バイオテクノロジー治療です。
それが、わずか2ステップの療法で歯周ポケット内にある病原菌の細胞を破壊し、健康な歯周組織を回復します。
一度崩れた顎の骨を再生することが可能な場合があるのです。
これが光化学殺菌によるペリオウェイブ・システムです。

治療法は、歯石除去後、必要な歯周病治療の処置が継続的に行われている場合、歯周ポケット内にバイオジェルを注入し、レーザー光(コールドダイオード)を照射するPhoto Disinfection≪光殺菌≫です。「痛み」と「術後の腫れ」がありません。
PDT=Photo Dynamic Therapy(フォトダイナミックセラフィー)とは、光感受性物質を生体内に投与した後、レーザー等である波長の光を照射することでこれを活性化させ、薬理作用を得る治療法のことです。医科では肺癌・加齢黄斑変性などの治療に既に応用されています。歯周病原細菌に対しては、光感受性物質にメチレンブルーを含有するバイオジェルをアクチベーターに670nmの発色光が用いられ、現在この一連のPDTシステムとして、ペリオウェーブは諸外国において良好な結果が報告されつつあり、我が国においてもその有用性が期待されています。

この処置をお受けになられるためには、基本治療を終了し継続的安定化治療に入っていることが最低限の基準になります。さらに外科処置により、滑沢化が十分出来ていることが基本原則になります。

それでも、かなり顎の骨が溶けて少なくなっている方には朗報といえるでしょう。
全ての人が同様に骨が出来るわけではありませんのでご了承ください。なお、治療費に関しては、最新治療のため自費診療となります。

さらにK2療法やライトタッチレーザー照射による歯周ポケット内部の環境を正常化させ、腫れた歯茎を引きしめ、歯の動振を消退させることにより新しく骨が出来ることもあります。
この治療法は必要とされる患者様の病状に合わせて無料にてSPT、メインテナンスを行っている療法となります。

歯周病基本治療の流れ(保険のきまり)

歯周治療の基本的な流れ

※ 2014年版 全国保険医団体連合会 「歯周病の診断と治療に関する指針」日本歯科医学会から抜粋

治療回数の目安
軽度歯周病 中度歯周病 重度歯周病
1~3回 10~19回 11~19回

歯周病の治療には治療回数が多くかかります。症状によっては回復期を設けますので、回数だけでなく3ヶ月位かかるのが普通です。

PageTop